ETCカードの種類

ETCカードには、ETC専用カードと一体型ETCカードがあるのはご存知でしょうか。

現在ETCカードは専用カードが主流となっているようですが、一体型ETCカードについても少し触れておきましょう。

【ETC専用カードとは】

ETC専用カードというのは、ETC利用専用のカードのことです。

ETCカードとしてしか使えず、ショッピングなどには使えません。

現在は、このタイプのETCカードが主流となっていて、ショッピングなどに利用できるクレジットカードと、ETC専用カードの2枚を持つようになっています。

【一体型ETCカードとは】

ショッピング用のクレジットカードと、ETCカードが1枚になったものが一体型ETCカードです。

カードの管理が楽なのと、2枚も持つのがイヤだという人が持つようですが、これにはデメリットがあります。

【一体型ETCカードのデメリット】

ETC車載器にカードを挿したまま車を離れ、もし盗難に遭った場合、ショッピングで悪用される恐れがあります。

ETC専用カードならもし盗難に遭ったとしてもショッピングで利用されることはありません。

また、カードを紛失した場合、その一体型カードですべての支払いをしていたのなら、何もできなくなってしまいます。

このようなことから、ETCカードは、一体型よりも2枚に分けて持った方が良いと認識されているようです。

【カードの管理は厳重に】

ETC専用カードであっても車載器に挿入したまま車から離れたりするのはあまりおすすめできません。

同じクレジットカードですから、盗難に遭った時は面倒です。

カードの管理は厳重に行うようにしましょう。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.